“けいべつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
軽蔑95.5%
輕蔑4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今日、私はちょび髭の前で四つん這いになった、池さんはさぞ軽蔑したこったろう、人間の屑、卑しい野郎だと思ったことだろう」
へちまの木 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
また遊女だからとて軽蔑するのはお師匠様の教えではありません。たとえ遊女でも純粋な恋をすれば、その恋は無垢な清いものです。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
微笑はなかつた、輕蔑しませんでした、つて「よりらしめよ」とふて、ゲフシマニヤの祈祷しました。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
八五郎はさう言つて、惚れた者の哀れさを輕蔑するより、武士の情け見たいな悲痛な顏をして見せたりするのです。
銭形平次捕物控:315 毒矢 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)