“くげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クゲ
語句割合
公卿72.6%
公家21.0%
供華4.5%
空華1.3%
久下0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうれみろ。庶民から上層の女まで、念仏に帰依した女性というものはたいへんな数だ。内裏の女官のうちにも、公卿の家庭にも」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おれどもは公家の番犬になるため戦ったのではあるまい。こんなことなら、いっそ昨日の北条天下のほうが、まだましだわ!」
焼香供華礼拝誦経、心しずかに称名したろう真面目さ、おとなしさは、何という人柄の善いことだろう。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
にいささかのながら、空華にはあらじ。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
丹波には久下一族をのこし、但馬には細川、仁木。播州には赤松。そのほか、四国、山陽の諸所の要々にはキメ石を打って、退いていた。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは丹波氷上郡の久下弥三郎時重だった。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)