“ぎけつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
偽闕33.3%
議決33.3%
議結33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先づそこから出立して考へて見ることをあへてしないで、いきなり幸島さじま偽闕ぎけつ、平親王呼はり、といふところから不届至極のしれ者とされゝば、一言も無いには定まつて居るが、事跡からのみ論じて心理を問は無いのは
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ついては会員組織くわいゝんそしきにして同志どうしの文章をつのらうと議決ぎけつして、三人さんにん各自てんで手分てわけをして
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其処で村の人達は相会あいかいして、これには何か不思議な仔細があるのであろうと議結ぎけつをして小祠やしろを大きな合歓の木の下に建立こんりつして、どうかこの村に何事のたたりもないように
稚子ヶ淵 (新字新仮名) / 小川未明(著)