“会員組織”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くわいゝんそしき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“会員組織”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ2.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ついては会員組織くわいゝんそしきにして同志どうしの文章をつのらうと議決ぎけつして、三人さんにん各自てんで手分てわけをして
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あまり人は知らぬが、千紫万紅せんしばんこうつて、会員組織くわいゝんそしきにして出した者で、硯友社けんいうしや機関きくわんふのではなく
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)