“あきべや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
空室53.8%
空部屋46.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つい今先刻さっき、吾輩がここを出かける時まで空室あきべやであった、あの六号の病室にアカアカと電燈がいている。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
勿論、空室あきべやでも、鎖されていたのではないから、ほとんど跡は残らぬし、死後はけっして固く握れるものじゃない。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
りん弥は、奥へ駈けて行った。武蔵の望んだものはすぐそこへ来た。明りもない空部屋あきべやで、武蔵はそれを喰べ終ってしまうと、
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お。では浪人ろうにんども、あちらの空部屋あきべやへさがって試合しあい用意よういをせい」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)