“あいかわらず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不相変77.3%
相不変22.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし辰子は不相変あいかわらず落ち着いた微笑を浮べながら、まぶしそうに黄色い電燈の笠へ目をやっているばかりだった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
が、慎太郎は口をつぐんだなり、不相変あいかわらず冷やかな眼つきをして、もとの座蒲団ざぶとんの上にあぐらをかいた。
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しかし本多子爵は更に杖の銀の握りで、芳年の浮世絵をひとひとつさし示しながら、相不変あいかわらず低い声で、
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それでも彼は相不変あいかわらず悠々と手につばきなど吐きながら、さっきのよりさらに一嵩ひとかさ大きい巌石の側へ歩み寄った。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)