女給じょきゅう
柴田登恵子——といって置く。彼女が社会運動の為め黒表にのって就職口にも事欠くようになった処へ、かてて加えて持病の慢性膓加答児でべったり床に就いて了った良人を、再び世の中へ出そうという殊勝な考えから、そ …