“織工”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おりこう66.7%
おりこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“織工”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
俺が、教室でくだらないノートを作っている間に、山野はもう半分以上訳了していたハウプトマンの「織工おりこう」の出版書店を、見つけたかも知れない。
無名作家の日記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
彼の父は放浪の織工おりこうなりき
織工 (新字新仮名) / 根岸正吉(著)
織工おりことして女ながらも立派な生産にたずさわり得る熟練工としての腕を有ち乍ら、彼女もまた良人の巻き添えを喰って自分の天職を行使する機会を失って了った。
女給 (新字新仮名) / 細井和喜蔵(著)