“黒塚”の読み方と例文
読み方割合
くろづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こちらが、主人の友人で黒塚様と被仰います。こちらが、私の実弟で洋吉と申します。どうぞしく」
死の快走船 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
それは「捨てん湯婆せ星月夜」と「黒塚局女のわく火鉢」との二句である。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
でも安達黒塚にはんでいて人をってうそうだなどという、にふと小耳にはさんだうわさをすと、体中毛穴がぞっと一つようにいました。
安達が原 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)