“頼長”の読み方と例文
読み方割合
よりなが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼長はまさかとった夜討ちがはじまったものですから、今更のようにあわてて、為朝のいうことをかなかったことを後悔しました。
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
俊寛 保元の乱に頼長の墓をあばいた信西は、頼長の霊にわれて平治の乱には信頼に墓をあばかれた。信西の霊は清盛について、信頼を殺させた。今信頼の霊は成親殿にのりうつった。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
彼はきょうのあるじの忠通の弟で、宇治の左大臣頼長であった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)