“關守”の読み方と例文
新字:関守
読み方割合
せきもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すてんか明日こそはとりなけれど人目關守としてあるべき此處七年はまだ籠中
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
も世を捨てし其人は、命を懸けて己れを戀ひし瀧口時頼。世を捨てさせし其人は、可愛とは思ひながらも世の關守に隔てられて無情しと見せたる己れ横笛ならんとは。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
入る月日關守なくはや十八年の星霜
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)