“西伯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいはく66.7%
せいはく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“西伯”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話](児童)100.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また『伯耆志ほうきし』には西伯さいはく東長田ひがしながた村その他の山村の産物に、藤布というのを掲げている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
鳥取県西伯さいはく郡大山村
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
天神川を幹流とする東の東伯とうはく、日野川を動脈とする西の西伯せいはく
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)