“袖格子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そでがうし66.7%
そでごうし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袖格子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いや、それよりもめらめらと舌を吐いて袖格子そでがうしに搦みながら、半空なかぞらまでも立ち昇る烈々とした炎の色はまるで日輪が地に落ちて、天火が迸つたやうだとでも申しませうか。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
いや、それよりもめらめらと舌を吐いて袖格子そでがうしからみながら、半空なかぞらまでも立ち昇る烈々とした炎の色は、まるで日輪が地に落ちて、天火てんくわほとばしつたやうだとでも申しませうか。
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
犬養ノ善世は狩衣すがたで車のわきにつき、ときどき汗を拭きながらむっつりした顔で歩いているのが袖格子そでごうしの隙間から見えた。
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)