“蕎麦切”のいろいろな読み方と例文
旧字:蕎麥切
読み方(ふりがな)割合
そばきり83.3%
そばき16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕎麦切”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌6.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「馬鹿ア言ってやがら、化物じゃあるめえし、一人で蕎麦切そばきり三十ぱいに笹屋のさばずしを四十五なんて、食える理窟があるもんか」
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
遣手部屋やりてべやのおさんというのが、茶渋に蕎麦切そばきりからませた、遣放やりッぱなしな立膝で、お下りを這曳しょびいたらしい
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
現今は練ってからもう一度でるので、やや食い方のちがった蕎麦切そばきりに過ぎぬが、元はただかいて食うからカッケと名づけたものと思う。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)