“絵屏風”の読み方と例文
旧字:繪屏風
読み方割合
えびょうぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして「大宋国山川社稷之図」という大きな構図の絵屏風が立てめぐらしてあり、屏風の裏面は白無地だったが、ふと、柴進がそのうしろにまわってみると、何と
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて半蔵が平兵衛と共に案内されて行ったところは、二間続きの奥まった座敷だ。次ぎの部屋の方の片すみによせて故人蘭渓の筆になった絵屏風なぞが立て回してある。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その隆運の気は、この六波羅の地相にも、まるで、絵屏風げたようにっていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)