“経絡”の読み方と例文
読み方割合
けいらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
按摩「ヘエ誠に馴れませんから、何処が悪いと仰しゃって下さい、経絡が分りませんから、こゝを揉めと仰しゃれば揉みます」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
『ヘエ、にわかめくらで誠に慣れませんから、どこが悪いとおっしゃってください。経絡がわかりませんから、ここをめとおっしゃれば揉みます』
円朝花火 (新字新仮名) / 正岡容(著)
現身は春も経絡に火をつづらせてしがるなり
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)