“紅百合”の読み方と例文
読み方割合
べにゆり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白百合紅百合鳶尾草の花、信頼心の足りない若いものたちよりも、おまへたちのがわたしはだ、んだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
ゾラの小説は人物の描写とかく外部よりするみとす。フローベルが『マダム・ボワリー』。トルストイの『アンナ・カレニナ』。アナトール・フランスの『紅百合』。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
百合がなかの紅百合としものたまふやをかし二人の君が子の母
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)