“精猛”の読み方と例文
読み方割合
せいもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花隈というと、この辺の漁村や町では、がられている親分である。もうひとりは生田の万とかいう精猛なるであった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蜂須賀一族の精猛をひいて、任地につくや否、すぐ着工し始めてから、二、三度の大雨はあったが、むしろ材木をながすによく、は一夜に洗い流されても
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
赤壁の江上戦に、精猛いる曹操が、完敗を喫したのも、当初、彼の軍隊の兵は多く北国産の山沢に飛躍したものであり、それに反して、江南の国の兵士は、大江の水に馴れ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)