“籬際”の読み方と例文
読み方割合
かきぎは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてよ。——就中納戸濡縁籬際には、見事巴旦杏があつて、きなひ、といひ、なる波斯爛熟した裸身くにつてつた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)