“火食鳥”の読み方と例文
読み方割合
ひくいどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに見向きもしない大鷲は、しずかに、いあがって、しばらく旋回していたが、やがて、ただ見る、一の流星か、をくわえた火食鳥のごとく、松明の光をのせて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)