“此処彼処”のいろいろな読み方と例文
旧字:此處彼處
読み方割合
ここかしこ84.6%
こゝかしこ15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神女達の纏ふ羅は、両岸の此処彼処から囀り渡る小鳥の声にも、ヒラ/\とたなびいて緑なる春の河を静かに昇つて行つた。
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
雨の日などは臭が一層強くつてむツとするところへ持つて来て、おもてのぬかるみを歩いたまゝで上つて来るから、猫の脚あとが此処彼処に点々とする。
猫と庄造と二人のをんな (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
それから間もなく洛中の空に黒雲ががって大雷雨が襲来し、風を起しを降らして、宮中の此処彼処に落雷した。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
長江悠々として千鳥のこえも此処彼処にきこえ、遠浦の帰帆、漁村の夕照、四季おり/\の風情おもしろく、定めし見飽かぬ眺めだったでござりましょう。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)