“東国”のいろいろな読み方と例文
旧字:東國
読み方(ふりがな)割合
あずま66.7%
とうごく33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“東国”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「おう、よもや縄目のはじは与えもしまいし、また、受けもせぬが、申さば“放ち囚人めしゅうど”というかたちでの、明朝、六波羅武士の迎えにまかせ、東国あずまへ下る」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小ざッぱりと結髪して、垢のつかない布垂衣ぬのひたたれなど着ていると、よく、東国あずまのえびすの子と、からかわれていた彼も、近ごろでは、どうやら、大臣邸の小舎人ことねりとして、世間なみの召使には見えるようになっていた。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楠木くすのきなどがひかえ、他方たほうには足利あしかがその東国とうごく武士ぶしどもがしたが
きょうとはちがって東国とうごく大体だいたい武張ぶばったあそごと流行はやったものでございますから……。