“日金山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひがねやま80.0%
ひがねさん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹藪の側を駈け抜けると、夕焼けのした日金山の空も、もう火照りが消えかかつてゐた。良平は気が気でなかつた。往きと返りと変るせゐか、景色の違ふのも不安だつた。
トロツコ (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
は白さを増したが、桂木ののあたりに薄日した、停車場に磁石を向けると、一直線の北に当る、日金山鶴巻山十国峠を頂いた、三島の連山の枯草るあたり
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
温泉の平和な日になれて、毎日、日金山へ蜂の巣や鳥の雛子ばかりさがしに行っていて、もしやの事があった場合は、何といって、御隠家様の前へ出よう、あの高麗村へ帰ってゆこう。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
きょうは、日金山にも風がない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)