“日金”の読み方と例文
読み方割合
ひがね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
箱根から熱海の方へ越える日金の頂上などにも、おそろしい顔をした石の像が二つあって、その一つを閻魔さま、その一つを三途河の婆様だといいました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ある日は、次郎をつれ、紅緒の草履にをつけて、湯前の神から日金の山へのぼッてゆく。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はやき夕暮日金おろしかな
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)