“日済金”の読み方と例文
読み方割合
ひなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
民谷銀左衛門に新之助という浪人者の父子の家である。その父子の住んでいる浪宅は、つい近所の蠣浜橋の向うなので、日済金あつめのいちばん仕舞いに寄る事が例だった。
鍋島甲斐守 (新字新仮名) / 吉川英治(著)