“日來”の読み方と例文
新字:日来
読み方(ふりがな)割合
ひごろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日來”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心配、恐懼、喜悦、感慨、希望等に惱まされて從來の病體益〻神經の過敏を致し日來ひごろ睡眠に不足を生じ候次第愚とも狂とも御笑ひ可被下候。
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
日來ひごろ快濶にして物に鬱する事などの夢にもなかりし時頼の氣風何時いつしか變りて、うれはしげに思ひわづらふ朝夕の樣ただならず、紅色あかみを帶びしつや/\しき頬の色少しく蒼ざめて、常にも似で物言ふ事も稀になり、太息といきの數のみぞ唯ゝ増さりける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)