“提宇子”の読み方と例文
読み方割合
でうす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
提宇子のいわく、DS は「すひりつあるすすたんしや」とて、無色無形の実体にて、を入れず、天地いつくにも充満してませども
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ああ、汝、提宇子、すでに悪魔の何たるを知らず、やまた、天地作者の方寸をや。蔓頭葛藤截断し去る。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
云うこと勿れ、巴毗弇、天魔の愚弄する所となり、胡乱の言をなすと。天主と云う名にされて、正法なるをらざる提宇子こそ、愚痴のただ中よ。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)