“御髻:みみづら” の例文
“御髻:みみづら”を含む作品の著者(上位)作品数
太安万侶1
稗田阿礼1
“御髻:みみづら”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史2.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここに速須佐の男の命、その童女をとめ湯津爪櫛ゆつつまぐしに取らして、御髻みみづらに刺さして、その足名椎、手名椎の神に告りたまはく
かれ左の御髻みみづらに刺させる湯津爪櫛ゆつつまぐし一二の男柱一箇ひとつ取りきて