“幾株”の読み方と例文
読み方割合
いくかぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おもしろいことには東京地方へ旅行すると、農家の大きな藁葺屋根の高いにオニユリが幾株えて花を咲かせている風情である。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
それはまた木蔦のからみついたコッテエジ風の西洋館と——殊に硝子窓の前に植えた棕櫚芭蕉幾株かと調和しているのに違いなかった。
悠々荘 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
幾株となき松柏の根こそぎになりて谷間に吹倒されしに山腹の落ちたまりて、底をながるる谷川をせきとめたる、おのづからなる堤防をなして、まじき水をばへつ。
竜潭譚 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)