“干葡萄”の読み方と例文
読み方割合
ほしぶどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青い干葡萄のはいったガラス、それから菓子を盛ったもう一つの皿が、そのままになっている、どうも誰かを供応していたらしい。
小さく切って並べてその上へレモンの皮の砂糖漬だの干葡萄だの外にも色々な砂糖漬の菓物の小さく切ったのを並べて
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
食事の済む頃に、婆さんは香ばしく入れた茶と、干葡萄を小皿に盛って持って来て、食卓の上に置いた。それを主人に勧めながら、お針に来ているの置いて行ったという話をした。
刺繍 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)