“島守”の読み方と例文
読み方割合
しまもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引取主人五兵衞方へめて養子にぞはしける然ば昨日迄に遠き八丈の島守となりし身が今日は此大家の養子とし事實に忠義の餘慶天よりひを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
またおりふし夢野の神はしのびやかにきてかな私の眠りをいろいろの絵筆に彩ってゆく。それらのことを私は日にちこまごまと日記につけておく。これはこの島に隠れて島守の織る曼陀羅である。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)
隠岐島守
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)