“寂滅為楽”のいろいろな読み方と例文
旧字:寂滅爲樂
読み方割合
じゃくめついらく80.0%
じやくめつゐらく20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの「いろは」歌でいえば、「あさきゆめみじ、ゑひもせず」という最後の一句は、「寂滅為楽」という「涅槃の世界」をいったものです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「いや、主観的にさ。何も彼もなくなってしまえば、実際寂滅為楽。坊主は流石に専門家だ。うまいところを捉えている。羨ましい境地じゃないか?」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「安国寺さん」は式をすませた、本堂の前に並んだ僕等に寂滅為楽の法を説かれた。「北邙山頭一片の煙となり、」——僕は度たび「安国寺さん」のそんなことを言はれたのを覚えてゐる。
二人の友 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)