“家風”の読み方と例文
読み方割合
かふう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どんな無理も不平も、その場では、良人へ口応えはせぬ妻であった。いや時代の家風だったといってよい。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「それじゃいけませんよ。もう普通の交際じゃないんですからね。あなたのところの家風にはまるように教育する積りで、悪いところは充分言い聞かせて下さい」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
しかし、家風の上から、その、男爵は再び九条家へ、おりになったのでした。(前掲一七四頁)
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)