“宮奴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みややっこ50.0%
みやっこ25.0%
みやつこ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と喚く鎌倉殿の、何やら太い声に、最初、白丁に豆烏帽子でを担いだ宮奴は、島のなる幕の下をって、ヌイとを出した。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鼠色の石持、黒い穿いた宮奴が、百日紅の下に影のごとくまって、びしゃッびしゃッと、手桶を片手に、で水を打つのが見える、と……そこへ——
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
時に、宮奴した白丁の下男が一人、露店の飴屋が張りさうな、大傘んで肩にかついだのが、法壇の根にれた。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)