“宗桂”の読み方と例文
読み方割合
そうけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふ。宗桂のあしらひより、番太郎桂馬が、さうにえるであるから、お感心したらしかつた。もさうず、と元二益々附入る。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
遠くは周の武帝近くは宗桂手遊を気取っているのは、その釘抜のように曲った脚と
さて此の若江の宗桂という感の悪い旅按摩がまいりまして、は中年で眼がれ、誠に難渋いたしますから、どうぞ、御当家様はお客さまが多いことゆえ、療治をさせて戴きたいと頼みますと
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)