“子猿”の読み方と例文
読み方割合
こざる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は悪戯盛りのころから、小学校で知り合った。子猿みたいなコーンはクリストフに悪戯をしかけた。クリストフはそのにかかったのを知ると、ひどい返報をしてやった。
始終人からてをおかれつけた内田を喜ばしたので、葉子が来ると内田は、何か心のこだわった時でもきげんを直して、った眉根を少しは開きながら、「また子猿が来たな」といって
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
与兵衛子猿にはチヨンといふ名をつけました。家内中はなそのチヨンを大変大事にして可愛がりました。殊に信次とは、まるで兄弟のやうにして毎日/\跳んだりねたりして一緒に遊びました。
山さち川さち (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)