“如法暗夜”の読み方と例文
読み方割合
にょほうあんや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに川開きは、空の火も家々の燈も、船の灯も、バタバタと消えて、ちにして如法暗夜の沈黙がくるからたまらなく嫌だ。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そのうちに松火の火も消えた。四辺は真の如法暗夜。そうして何んの音もない。
かつて、甲府城下の闇の破牢の晩に、この盛んなる型を見せたことがありましたが、あの時は如法暗夜のうちに、必死の努力でやりました。今夜のは月明のうち、興に乗じて陶然として遊ぶのです。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)