“女浪”の読み方と例文
読み方割合
めなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その強記はいかなる市井瑣事にも通じ、その方寸には、浮世の大海に刻々寄せては返す男浪女浪ひだの一つ一つをすら常にたたみこんでいる大岡忠相であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
よろめく三重のを支えた、女浪の袖、この後見の大磐石に、みるの緑の黒髪かけて、すや舞扇は、銀地に、その、雲も恋人の影も立添う、光を放って、めて舞うのである。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
月と一所に女浪のように歩行かっしゃる。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)