“夜鶯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようぐいす33.3%
ナイチンゲエル33.3%
ナイチンゲール33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夜鶯”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「すべて歓楽の裏一重には悲哀かなしみがあるとか申しますが、その悲哀が偶然ゆくりなくあなたを襲うたのでござりましょうよ! おや、夜鶯ようぐいすが啼いております」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
夜鶯ナイチンゲエルの優しい声も、すでに三越みつこしの旗の上から、蜜をしたたらすように聞え始めた。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
薔薇ばらと指環と夜鶯ナイチンゲエル三越みつこしの旗とは、刹那に眼底を払って消えてしまった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
けれども、この雄々しい活動の人を夜鶯ナイチンゲールめ! と罵る人間もいた。
彼女の平静な表情の下に燃えさかっている情熱、澄んだ静かな声の中にこもっていて一旦その声に命じられたら服従せずにいられない一種独特な権威、それらは臆病の夜鶯ナイチンゲールの持ちものであるはずはない。