“墨附”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すみつき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“墨附”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「今日のお門立ちに、逸早いちはやくかばかりなお墨附すみつきを戴いた者は他にない。琉球王は抜け目のない奴じゃよ」
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「宝沢を殺しておいて、御墨附すみつきと、短刀とを奪取って、まんまと、贋者め、天一坊に成りすましておるのじゃ」
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)