“四絃”の読み方と例文
読み方割合
しげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四絃のひびきがすると、端居していた侍たちだの、次の間にいた童女や召使までが、席へ近くにじり寄って皆耳をすましていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何をるやの——する数千突如として山れ落つ鵯越逆落し、四絃撥音急雨の如く、と思う間もなく身は悲壮渦中きこまれた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
がゆるぎだすと、白河の上にも、如意のすそにも、白い霧のながれは厚ぼったく揺らいでいた。そして、どこからともなく、淙々四絃を打つがきこえてきた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)