“絃楽四重奏”の読み方と例文
読み方割合
ストリング・クワルテット100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
食器のふれ合う音や絶間ない人出入りでかきみだされているその食堂の空気をふるわして、絃楽四重奏がミニュエットを奏している。伸子は、音楽に耳を傾ける表情で食事をはじめたが、やがて
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)