“味得”の読み方と例文
読み方割合
みとく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時、口伝をうけたのが獅子刀虎乱。二つながら衆を対手とする時の刀法である。弦之丞はそれを味得していた。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
道命は無戒の比丘じゃが、既に三観三諦即一心醍醐味味得した。よって、和泉式部も、道命がには麻耶夫人じゃ。男女の交会も万善功徳じゃ。
道祖問答 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
同時にまたその時以来、僕は物質の窮乏などというものが、精神の牢獄から解放された自由の日には、殆んど何の苦にもならないものだということも、自分の生活経験によって味得した。
老年と人生 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)