“万善”の読み方と例文
読み方割合
ばんぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道命は無戒の比丘じゃが、既に三観三諦即一心醍醐味味得した。よって、和泉式部も、道命がには麻耶夫人じゃ。男女の交会も万善功徳じゃ。
道祖問答 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
万善を期するため、たがいにらない密偵部員が二人、めいめい自分だけと思って、見え隠れについていく。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
警視庁の手配が万善を期したものであったことはいうまでもない。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)