“友引”の読み方と例文
読み方割合
ともびき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六曜とは先勝友引先負仏滅大安赤口とて、暦書の上に掲げてあり、その繰り方は正月ならば先勝を朔日とし、友引を二日、先負を三日として
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
友引くないという御仙の説で、葬式を一日延ばしたため、の中は陰気な空気のに常よりはわった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
みづのえだのかのとだの、八朔だの友引だの、る日だの普請をする日だのと頗るいものであつた。代助は固よりいてゐた。婆さんは又門野の事をんだ。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)