“大安”の読み方と例文
読み方割合
たいあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「届出ですか? さよう、こっちはそんなにあわてんで、十八日の大安に、十七人、枕をならべて、出馬することにしちょります。……それでは」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
六曜とは先勝友引先負仏滅大安赤口とて、暦書の上に掲げてあり、その繰り方は正月ならば先勝を朔日とし、友引を二日、先負を三日として
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
きょうは「大安」とかいって縁起のいい日なんだそうで、朝は少し曇っていたが、お母さんは、ぜひきょう行きたいと言い張るので、いよいよ出発。鈴岡さんと姉さんが、早朝から手伝いに来る。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)