“卑劣漢”の読み方と例文
読み方割合
ひれつかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
醫者として、邊鄙なる、蒙昧なる片田舍に一や、や、芥子粉だのをつてゐるよりに、いのでせうか、詐欺愚鈍卑劣漢、と一になつて、いやもう!
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「莫迦を云うなッ、卑劣漢のうしろから帆村が怒鳴った。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ただに医者として、辺鄙なる、蒙昧なる片田舎に一や、や、芥子粉だのをっているよりに、すこともいのでしょうか、詐欺愚鈍卑劣漢、と一になって、いやもう!
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)