“十光”の読み方と例文
読み方割合
とひかり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七光どころか十光もして間接ながらの恩を着ぬとは言はれぬに愁らからうとも一つは親の爲弟の爲、太郎といふ子もあるものを今日までの辛棒がなるほどならば、是れから後とて出來ぬ事はあるまじ
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
七光どころか十光もして間接ながらの恩を着ぬとは言はれぬにらからうとも一つは親の為の為、太郎といふ子もあるものを今日までの辛棒がなるほどならば、これからとて出来ぬ事はあるまじ
十三夜 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
七光どころか十光もして間接ながらのぬとははれぬにらからうとも一つは太郎といふもあるものを今日までの辛棒がなるほどならば、れからとて出來はあるまじ
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)