“加:か” の例文
“加:か”を含む作品の著者(上位)作品数
佐々木味津三1
国木田独歩1
石川啄木1
薄田泣菫1
“加:か”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「御承知でもありませうが、吃りには行と行とは一番禁物なんですから。」
「イヤとてもわかるものか、わたしが言いましょうか、」とだん
号外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
高橋はごろりと仰向けて臥て了つた。そして兩手を頭にひながら、
我等の一団と彼 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
今夜も「だん」がノッソリ御出張になりました。
号外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そのお口をいやすために、加賀大納言が、えつのう、百万石の威勢にかけて、冬、お国もとで雪を凍らせ、道中金に糸目をつけずにこれを江戸ご本邸に運ばせて、本郷のこのお屋敷内の雪室深くへ夏までたくわえ、土用さなかの黄道吉日を選んで柳営に献上するのが毎年の吉例でした。