“剛性”の読み方と例文
読み方割合
ごうせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうした自我をに取って構えた佐久間玄蕃允の前には、勝家から選ばれて来た国府尉右衛門といえども、ついにその剛性を説き伏せることはできなかった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此等學問によつて、わが地球鋼鐵よりもきな剛性してゐることもつてた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
その頃までに、古典電子論は発達の極致に達し、電子の大きさ、剛性荷電の分布状態などについて、議論は尽きるところを知らず、煩瑣哲学の趣きが、ありありと物理学の上に現われていた。
比較科学論 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)